儲かる?!ビルメンテナンス仕事内容

ビルメンテナンスのやりがいについて語る

ビルメンテナンスのやりがいは専門的なビル管理についての知識が身に着くことと人とのコミュニケーションがある仕事であるということです。まず専門的なビル管理についての知識が身に着くことについて述べていきたいと思います。

それこそ変電設備、自家発電機などの電気設備の知識、空調機、冷凍機、ボイラーなどの知識、水道工事の配管知識、そして、自動ドアやエレベーターなどの設備についての知識も身につきます。このような設備について専門的な知識をみにつけることが出来るのがビルメンテナンスの仕事の魅力です。このような専門的な知識を身に着けることにより、単なるサラリーマンとして営業などをしている場合と比較すると、専門的な知識を身に着けて手に職をつけることが出来ます。

そのため、万が一リストラなどに遭遇したとしても手に職がある分、それを生かして再就職も比較的容易になります。また、ビルメンテナンスという仕事は扱う分野が広い分勉強する知識も多くなり、学ぶことが好きな人であれば日々勉強することがたくさんあるので、やりがいを持って仕事に取り組むことができます。また、そのような勉強した成果をきちんと反映する仕組みを設けている会社がビルメンテナンスの会社には多く見られます。

そのため、きちんと自分が努力して勉強した金額が、自己啓発という目的で一銭にもならないということはなく、きちんと給与や手当として反映されるというのが魅力になっています。そして、もうひとつは人とのコミュニケーションがある仕事だということです。ビルメンテナンスというと一日中配管や電気配線をいじっていたりして、ずっと機会と向き合っている仕事であるというイメージが多く見られます。

しかし、ビルメンテナンスのビル管理の現場においては日々ビルに入っているテナントさんからの要望を受けて作業をするため、顧客と直接コミュニケーションをとることが出来ます。そのため、ダイレクトに顧客から苦情を言われることもありますし、また逆に顧客から非常に感謝されることで役に立ったなという実感を得られる仕事になります。

配管や電気配線などで日々機械と向き合っている仕事と比較すると、顧客が喜んでいる顔を直接見れたり、顧客からお礼を言われる機会が多くあるのがビルメンテナンスという仕事の魅力になります。人と接することが好きな人にとってはビルメンテナンスという仕事は非常に満足ができるような仕事内容になっていると思います。

©2016 儲かる?!ビルメンテナンス仕事内容