儲かる?!ビルメンテナンス仕事内容

ビルメンテナンスの仕事に必要な資格ってなに?

ビルの維持管理を担当するビルメンテナンス。ビルメンテナンスの仕事に就くためには資格が必要ですが、実はビルメンテナンスという資格は存在しません。

求められるのはビルメンテナンスの仕事にかかわる様々な資格であり、所有している資格の種類が多ければ多いほどより多様なビルメンテナンスの仕事を担当することができます。資格が多ければそれだけ職場の選択肢は増えますし、難関とされる資格もちともなれば好待遇も望めます。

ビルメンテナンスの仕事に就くために必須の資格というのは特に定められていません。会社ごとに募集している人材も応募条件も異なりますから、該当する資格さえ所有していればビルメンテナンスの仕事に就くことはできません。

ただし基本となる4つの資格に関してはどの会社でも基本的な条件にしていることが多く、俗にビルメン資格4点セットなどと呼ばれています。ビルメンテナンスの基本となる4つの資格とは「危険物取扱者乙種4類」「二級ボイラー技士」「二種電気工事士」「第三種冷凍機械責任者」です。

この4つの資格をすべて保有していればビルメンテナンスの仕事に就くことは難しくありません。4つの資格のうち最も取得が簡単といわれているのが「危険物取扱者乙種4類」です。

ガソリンスタンド勤務のアルバイトが取得することも多い資格で、ビルメンテナンスを目指す第一歩として挑戦されることの多い資格です。

各都道府県ごとに開催される資格試験は開催日が多く、受験しやすいというのも人気の理由です。「二級ボイラー技士」も比較的受験しやすい資格です。

試験は毎月開催されていますが、ビル設備の近代化によりボイラー取り扱いの需要は減少傾向にあります。「二級ボイラー技士」を取得していないビルメンも増えていますが、保有していて損はない資格です。「二種電気工事士」はビル内で電気工事を行う際に必要になる資格です。

コンセントの増設や点検などを行える資格であり、ビルメンテナンスでは最も需要が高い資格です。その他の資格が無くても二種電気工事士さえ持っていれば働ける会社も多いため、二種電気工事士を取得してビルメンの仕事に就き働きながらその他の資格に挑戦する人も少なくありません。「第三種冷凍機械責任者」はその名の通り冷凍機会を取り扱うための資格です。

4つの資格の中では最難関とされる資格で、合格率も年々低下傾向にあります。難易度の割に需要は低く、第三種冷凍機械責任者を持っていなくてもビルメンとして働くことは可能です。

その他にビルメンとして有利になる資格としては消防設備士やアナログ・デジタル3種工事担任者、ビル設備管理技士などがあります。資格の中には受験するのに実務経験を求められるものも多いため、働きながら経験を重ねることで更に上位の資格取得が可能になります。

資格はビルメンテナンスの仕事に欠かせません。勉強を重ねて資格を取得していけばビルメンとしてのステップアップにもつながります。

©2016 儲かる?!ビルメンテナンス仕事内容