儲かる?!ビルメンテナンス仕事内容

ビルメンテナンスの仕事の将来性

ビルメンテナンスという仕事を言われた時にどんなイメージをもつでしょうか?もしかすると、おじいちゃんたちがやってるビルの管理人のような仕事で、どちらかというとのんびりした昔ながらの職場というイメージがあるかもしれません。

しかし、このビルメンテナンスという仕事は非常に将来性にあふれた職場でもあります。以下の文章ではそのビルメンテナンスの将来性について述べていきたいと思います。さて、ビルメンテナンスの将来性についてです。実はリーマンショック以来日本の不動産市場は非常に低迷しており、都心マンションや分譲マンションなどもあまり数が増えない状態が続いており、ビルメンテナンスの仕事も景気がいいとは言えない状態でした。

しかし、近年日本の景気が回復してきたことに伴い、新築マンションやオフィス、複合施設などが次々とオープンし、日本の不動産業界は次第に活況を取り戻してきています。このような状況下においてビルメンテナンスの対象となる管理戸数もどんどん増加を続けています。

また、今後は高齢化社会が進むにつれて一戸建てでは不安だからとマンションに移る高齢者が増えてくるとも予想されています。そういった意味でもビルメンテナンスの仕事については将来性が期待できる仕事であるということが出来ます。また、若くしてこの仕事を目指す人はチャンスです。

このビルメンテナンス業界は非常に高齢化が進んできており、仕事に従事している人の平均年齢も他の業種と比較すると高くなっています。このような業界においては若い人の存在は非常に重宝されることになります。また、今後は労働人口がどんどん減少していくという社会状況に日本は直面します。

このような労働人口がどんどん減少していく時代においては技術を持っている人間の価値は非常に高くなっていくことが予想されています。特にビルメンテナンスの業界においては上記でも述べましたが、高齢化が進んでいる業界であるため、どんどんビルメンテナンスに従事する人間の数が今後定年などで減少していくことが予想されます。

一方で一度建築されたビルは人がいなくなるのと同じようなスピードで取り壊されていくようなことはありません。したがって、今後はビルの数に対してそれをメンテナンス出来る技術者が不足していくことが予想されます。そのような状況下においてはビルメンテナンスの知識をもった技術者は今後どんどんその市場価値が高まっていき、それに比例して給料や待遇も上昇することが予想されています。

©2016 儲かる?!ビルメンテナンス仕事内容